ある刑事被告人の国外逃亡について


 日本の司法は,決して公平ではないと思う。長年弁護士をやってきて,つくづくそう思います。問題の所在を一言でいうと,裁判所が良識で判断していないということです。裁判所が重視するのは,明文の法令と先例だけで,これと少しでも事案が異なると,決して事実や権利を認めてくれません。もっともこれは,日本に限ったことではなく,どこの法治国家にもある共通の問題のようですが。
“ある刑事被告人の国外逃亡について” の続きを読む

保釈の話

 先日,裁判で実刑判決が確定した被告人が,当局の出頭要請に応じず,逃走したという事件がありました。聞けば,保釈中であったとのこと。このようなニュースが報道されると,「安易に保釈を認めるべきではない。」との世論が形成されないか,心配です。

“保釈の話” の続きを読む