• 令和6年4月1日から不動産相続登記が義務化されます

    令和6年4月1日から不動産相続登記が義務化されます 2024-02-08
    和6年4月1日から,相続登記の申請が義務化されます。(1)相続(遺言も含みます。)によって不動産を取得した相続人は,その所有権の取得を知った日から3年以内に相続登記の申請をしなければなりません。(2)遺産分割が成立した場合には,これによって不動産を取得した相続人は、遺産分割が成立した日から3年以内に,相続登記をしなければなりません。違反した場合は10万円以下の過料となる可能性があります。
    → 続きを読む
  • 弁護士に相談する前に考えるたったひとつのこと

    弁護士に相談する前に考えるたったひとつのこと 2024-01-12
    多摩オリエンタル法律事務所には,何等かの「怒り」を抱えて相談に来られる方がかなりいます。それ相応の被害を受けての相談ですから,その怒りはやむを得ない物と受け止めるようにしておりますが,怒りに囚われすぎて法的アドバイスが耳に入らないという方もたまに来られて,それで弁護士としての問題解決のお手伝いができなくなってしまうこともあり,こちらも忸怩たる思いをしているところです。
    → 続きを読む
  • 議論が苦手な人のための交渉術

    議論が苦手な人のための交渉術 2023-12-06
    相手と議論して「勝つ」ことは,それなりの技術があれば難しいことではないかもしれません。その方法は,①できるだけ大きな声で話す,場合によっては相手を威嚇する,②立場の違いを利用する,あるいは味方を多く立ち会わせる,③こちらは結論だけを話す,相手方が反論しようとしたら発言させない
    → 続きを読む
  • 退職金について

    退職金について 2023-11-09
    本日は退職金についてです。 退職金は「賃金の後払い」的な性格があるとされ,我が国の法制上厚く保護されているところです。裁判例でも,賃金の後払い的要素の強い退職金全額を不支給とするには,それが労働者の永年の勤続の功を抹消してしまうほどの重大な背信行為があることが必要とされています。そのためでしょうか,現在在籍している会社の退職金が,近日中に退職する予定もないのに,資産として取り扱われる場面があります。 まず,退職金も差押えが可能です。これは,何年後になるか分かりませんが,将来,債務者が退職した時に,差し押さえた債権者が退職金を受け取れるものというに過ぎません。ですから,この点については違和感を持たれる方は少ないと思います。
    → 続きを読む
  • 借入の順序を間違えてはいけない

    借入の順序を間違えてはいけない 2023-10-06
    務整理の相談が増えてきたように感じます。物価が上がっているわりに収入が増えず,それで借金に頼って家計がまわらなくなったというところでしょうか。あるいは物価上昇で,コロナ禍で借入したものの返済ができなくなったというのもありましょう。
    → 続きを読む
  • 強制執行の話

    強制執行の話 2023-09-07
     テレビドラマのシッコウが最終回になろうとしているので,今回は強制執行の話をしましょう。  ドラマでは,動産執行を取り上げることが多いようですが,実際に動産執行で債権回収するというのはレアケースではないでしょうか。なぜならば,民事執行法上,差押禁止動産の範囲は多いですし,そこに現金があっても66万円を超えていなければ,これすらも差し押さえることができないからです。
    → 続きを読む
  • 相続問題で相続人が多数出てしまった場合の対応方法について

    相続問題で相続人が多数出てしまった場合の対応方法について 2023-08-08
    相続の法律相談を受けていると,相続人が多数いて,遺産分割協議が遅々として進まないというものがあります。 相続人が多数になてしまった原因は様々ですが,被相続人が亡くなって,相続問題を解決しない間にその相続人も亡くなっていき,子や孫の代に問題が及んで,関係者が誰であるのか分からないというケースが多いです。つまり,遺産分割の問題を先送りにしていくと,その処理を強いられる子や孫に迷惑をかける可能性があるということです。
    → 続きを読む
  • 新しいSNSを利用するにあたっての注意点

    新しいSNSを利用するにあたっての注意点 2023-07-11
    このほど大手IT企業が新規のSNSをリリースしました。リリース初日に登録者数が3000万人を超えたということで,既存のSNSのシェアにどれだけ食い込んでいくのか,今後の発展が注目されているところです。 かくいう私も,この新規SNSを利用してみました。使ってみれば,なかなか将来性を感じさせるものではあるものの,同時に,新規立ち上げのSNSに特有の,一部利用者に一定の危険性も感じないではないので,今回はその注意喚起をしていきたいと思います。
    → 続きを読む
  • コロナと債務整理

    コロナと債務整理 2023-06-16
    破産の相談が増えてきたように感じます。新型コロナウィルス流行に伴い,ここ数年,世間では相当に景気が悪い体感だったのではないでしょうか?それでも相応の補助金や融資,あるいは特別の返済猶予があって,辛うじて資金繰りをまわしていたところ,ここに来て,こうした援助が打ち切りとなり,ついには破産を決断するという方が増えてきたような感覚です。
    → 続きを読む
  • AIがもたらす司法の未来

    AIがもたらす司法の未来 2023-05-11
    AIの発展が著しいです。先日,試みにAIを用いたチャット機能を利用してみたのですが,人間と会話しているような反応を見せてくれます。法的な質問をすれば,まだ間違いも多いですが,こういう点については我々の想像を超えるスピードで進化していくのではないかと予想します。 こうなると関心あるのが,AIの進歩によって我々の司法文化はどのように変わっていくかです。相談に対し法的な回答や文書を作成してくれるようなAIが登場すれば,司法はすべてAIが処理するようになるのでしょうか? 私はそうは思いません。理由は次のとおりです。
    → 続きを読む