• 書式の改訂について

    書式の改訂について 2019-05-13
    多摩オリエンタル法律事務所では,現在,法律相談カードその他の事件記録の書式を改訂しています。相談者・依頼人対応の質を向上させるためです。 法律相談カードは,法律相談の内容を保存し,2回目以後相談の参考とするものです。病院でいう,カルテのようなものです。多摩オリエンタル法律事務所では,このほか,打ち合わせメモの書式も作成しております。これらは,法律相談時,打ち合わせ時に,弁護士が,その場で作成するものです。このほか,契約時重要事項説明書や,裁判に出頭した際の期日メモの書式も用意しています。 ...
    → 続きを読む
  • システムの改変を検討しています。

    システムの改変を検討しています。 2019-04-12
    多摩オリエンタル法律事務所では,現在,相談者・依頼人対応のシステム改変を検討しています。 まず,法律相談時には,希望があれば,弁護士が作成した法律相談カードの写しをお渡しすることを始めました。法律相談時に作成するもので,簡易な内容にしかならないのですが,弁護士が大切と思うことを書き残すようにしますので,ご参考にしていただけたらと思います。 ...
    → 続きを読む
  • 保釈と口裏合わせ

    保釈と口裏合わせ 2019-03-08
    某自動車メーカーの前会長が保釈されたというニュースが報道されています。その保釈条件は,住居入り口の監視カメラの設置,メールやインターネットの利用禁止など,厳しいものとされています。多摩オリエンタル法律事務所でも,刑事事件を受任すれば,保釈請求をすることは稀ではありません。しかし,今回のような保釈条件は,聞いたことがありません。証拠隠滅や口裏合わせの防止が目的とされていますが,果たして,そこまでしなければならないものでしょうか。 ...
    → 続きを読む
  • コンビニエンスストア消費期限改ざんの問題について

    コンビニエンスストア消費期限改ざんの問題について 2019-02-08
    とあるコンビニエンスストアで,店内で調理した商品につき,一部を,消費期限の表示を改ざんして販売していたというニュースが入りました。報道によると,この店舗では,消費期限を7時間延長した改ざんをしていたとのことです。このニュースを聞いて,皆さまは,どのように感じたでしょうか。 ...
    → 続きを読む
  • 多摩市・稲城市に根ざした事務所として

    多摩市・稲城市に根ざした事務所として 2019-01-11
    あけましておめでとうございます。このページの読者におかれましては,昨年にお世話になった方も多いと思いますので,この場を借りてお礼申し上げます。 さて,その昨年,多摩オリエンタル法律事務所では,124件の新規相談がありました。そのほとんどが,多摩・稲城両市内かその近隣の方でした。多摩オリエンタル法律事務所では,開所以来,地元に根ざしたリーガルサービスを心がけておりましたので,これほど光栄な話はありません。 ...
    → 続きを読む
  • 慰謝料の額

    慰謝料の額 2018-12-13
     慰謝料はいくらぐらいとれますか?弁護士として,これほど答えにくい質問はありません。例えばこれが,人を怪我させたような事案であれば,後遺症の程度,通院日数,入院日数で,おおよその金額は算出できます。 ...
    → 続きを読む
  • 法は人を無責任にする。

    法は人を無責任にする。 2018-11-14
    私は弁護士として,日々,法律を駆使して人と交渉しておりますが,私自身は「法律に従っていればよい」という考え方は間違っていると思います。理由は次のとおりです。 ...
    → 続きを読む
  • 法律よりも大切なものがある。

    法律よりも大切なものがある。 2018-10-05
    法律を守っているのだから問題ないではないか。 そのようなことを言われることがよくあります。確かに,法律を守っていれば,裁判をして負けるリスクは極めて低くなります。しかし,法律が正義であるとは限りません。歴史上,悪法と呼ばれる法律はいくつもありました。法律を守っていれば何をしても良いのだという考え方は,間違っているように思います。 ...
    → 続きを読む
  • 管財事件・同時廃止事件の振り分けの提言

    管財事件・同時廃止事件の振り分けの提言 2018-09-07
    破産申立てにあたっては,その後,裁判所が管財人を選任するのか,しないのか,破産申立人にとっては,この点がもっとも重要と言っても良いでしょう。なぜならば,裁判所が管財人を選任すれば,破産申立人が20万円の予納金を負担しなければならなくなるからです。この管財人が選任された破産申立てを一般に「管財事件」と言います。破産に至る経緯にとくに問題がなければ,この20万円の予納金の負担は不要です。このような事件を「同時廃止事件」といいます。 ...
    → 続きを読む
  • 留置係の署員は足りているのか?

    留置係の署員は足りているのか? 2018-08-15
    大阪の警察署で,留置中の被疑者が脱走するという事件が起きました。弁護士が接見した直後の脱走というから,同じ弁護士業をしている私には他人事ではありません。 ...
    → 続きを読む