• どのようなときに成年後見制度を利用するべきか

    2015-02-19
    平成12年にあたらしい成年後見制度がはじまって15年になります。司法統計によると、平成25年度中の後見開始の審判の申立件数は、2万8040件。成年後見制度が始まった年の前年度(平成11年4月から平成12年3月まで)、その申立件数(当時は禁治産宣告の申し立てと呼んでおりました。)が2963件だったそうですから、この15年でおよそ10倍の増加です。これは、国民に成年後見制度が広く周知される一方、その申立てを支援する法律家が爆発的に増えたことによるものでしょう。 ...
    → 続きを読む
  • 自分に勝つということ

    2014-12-18
    ふざけんじゃねえ― ある裁判記事で,このような見出しがあるのを見つけました。裁判内容はよく分からないのですが,裁判の代理人業をやっている者の一人として,当事者のこのような気持は共有していきたいと思っています。 ...
    → 続きを読む
  • 再生・倒産・廃業の相談を弁護士にしましょう

    2014-09-10
    ① 2013年の廃業企業は2万8943件  中小企業白書2014年版に,廃業に関する統計がありましたので,その内容を紹介します。東京商工リサーチの調べによると,2013年度の休廃業・解散件数は,2万8943件で,このうち,倒産件数は,1万0855件でした。 ...
    → 続きを読む
  • 司法取引について

    2014-07-14
    捜査と公判の見直しに向けた刑事司法改革の最終案が,法制審議会で決まったそうです。 その中で,司法取引の導入が盛り込まれているのが気になるところです。予定されている制度は,検察官が被疑者などに起訴しないなどの見返りを与えて他人の犯罪を供述・証言をさせるというもので,経済事件や銃器・薬物事件が対象とのことです。 ...
    → 続きを読む
  • 裁判よりも示談が優れている

    2014-06-05
    多摩オリエンタル法律事務所は,このほど,訴訟よりも示談による解決を重視する方針をとることにしました。もちろん,示談交渉よりも訴訟による解決が優れている事例があることは否めません。しかしながら,多くの事例では,裁判官から判決を得るよりも,示談で解決するほうが優れていると思われます。以下,理由を述べます。 ...
    → 続きを読む