• 法律よりも大切なものがある。

    2018-10-05
    法律を守っているのだから問題ないではないか。 そのようなことを言われることがよくあります。確かに,法律を守っていれば,裁判をして負けるリスクは極めて低くなります。しかし,法律が正義であるとは限りません。歴史上,悪法と呼ばれる法律はいくつもありました。法律を守っていれば何をしても良いのだという考え方は,間違っているように思います。 ...
    → 続きを読む
  • 管財事件・同時廃止事件の振り分けの提言

    2018-09-07
    破産申立てにあたっては,その後,裁判所が管財人を選任するのか,しないのか,破産申立人にとっては,この点がもっとも重要と言っても良いでしょう。なぜならば,裁判所が管財人を選任すれば,破産申立人が20万円の予納金を負担しなければならなくなるからです。この管財人が選任された破産申立てを一般に「管財事件」と言います。破産に至る経緯にとくに問題がなければ,この20万円の予納金の負担は不要です。このような事件を「同時廃止事件」といいます。 ...
    → 続きを読む
  • 留置係の署員は足りているのか?

    2018-08-15
    大阪の警察署で,留置中の被疑者が脱走するという事件が起きました。弁護士が接見した直後の脱走というから,同じ弁護士業をしている私には他人事ではありません。 ...
    → 続きを読む
  • 多摩の歴史について

    2018-07-06
    法律家の仕事は,証拠から真相を究明することです。歴史家も,歴史書(供述証拠)や遺物(物証)から真相を究明しようとする点で,法律家の仕事と共通するところがあります。そのためでしょうか,私は,歴史学に興味を持っていて,ときどき多摩の歴史を考察したりしています。 ...
    → 続きを読む
  • 社長に不幸があったときに弁護士に依頼するべきケースとは

    2018-06-07
     多摩オリエンタル法律事務所のHPで,よく読まれている記事は,会社の社長に不幸があった場合の法律問題に関するものです。ただ,この場合にどのような法律問題が生じるかは,ケース・バイ・ケースです。弁護士にその後の処理を依頼した方が良い場合もあれば,そうでない場合もあります。そこで今回は,社長に不幸があったときに弁護士に依頼するべき主な事例について,簡単に説明したいと思います。大雑把に言えば,会社の引継ぎがスムーズに行きそうな場合は,弁護士を選任する必要はないですが,少なくとも次のような場合は,速やかに弁護士に相談するべきでしょう。 ...
    → 続きを読む