債務整理・離婚・相続の取扱いも多いです

多摩オリエンタル法律事務所は,多摩地区中小企業の支援拠点になることを目指しています。これを標榜しているためでしょうか,倒産事件の相談が増えています。実際に当事務所で受任している事件の内訳をみると,全体の4割近くが債務整理関係です。


 当事務所によせられる法律相談では,法人からのものも相当あるのですが,受任に至る事件は,個人の依頼者からのものが圧倒的に多いです。内容は,離婚・相続といった家事事件が受任事件の2割程度を占めます。
 法人からの依頼で多いのは,売掛金の回収です。相談件数でみると,売掛金の回収よりも資金繰り・借入金の返済といった事業再生関連の相談も多いですが,こちらは相談だけで終了というケースが多いです。この手の事件で受任するのは,代表者が会社を閉鎖する決断をした上で相談に来られるケースが多いようです。しかし債務整理の依頼は直ちに会社の閉鎖を意味しません。最近は,法的整理だけでなく,話し合いでも中小企業の債務整理を進められる制度が出来上がりつつありますので,事業を残す意思があるのであれば,思い切って債務整理の相談をしていただきたいものです。
 このように多摩オリエンタル法律事務所が受けている法律相談や受任事件の傾向からすると,その得意分野は,債務整理,離婚・相続などの家事事件,そして中小企業法務であるように見えるのでしょうか。しかし,当事務所では一般民事事件はもちろん,労働事件や刑事事件から行政事件まで,様々な分野の相談に応じてきております。得意分野はありますが,これを専門とするのではなく,むしろ得意分野を増やして,市民からのあらゆる法律相談に対応できる体制を整えなければならないと考えています。
どうぞお気軽に多摩オリエンタル法律事務所にご相談ください。

→ お知らせトップへ