多摩市・稲城市の弁護士に依頼するメリット・デメリット

 多摩オリエンタル法律事務所は多摩センター駅近くに事務所を構えているため,多摩市の方や稲城市の方からの相談が多いです。そこで,今回は,多摩市や稲城市の方が,地元の弁護士に依頼するメリット・デメリットについて説明したいと思います。

1 多摩市・稲城市の社会問題に精通している
 地元で開業していると,相談者は自然と多摩市,稲城市の方が多くなります。この地域からだと,個人からは債務整理,離婚,高齢者問題といった相談が多く,事業者からでは倒産や少額債権回収といった相談が多いです。このような地域性のある分野のノウハウが自然と蓄積していくので,地元の弁護士は地元の社会問題に精通していくことになります。

2 相談・打合せをしやすい
 弁護士との相談・打合せは,その事務所で行うことが多いです。複雑な案件だと,打合せの回数も増えますので,近所の法律事務所に依頼した方が楽です。

3 多摩市・稲城市の人脈がある
 弁護士業務には,法律知識だけではなく,医学や税務といった専門分野のみならず,業界の慣行などの知識も必要となります。弁護士が法律以外の知識を十分にもっているはずがなく,こうした周辺的な知識は,協力者に問い合わせて仕入れていくことになります。このため,弁護士には,幅広い人脈が求められます。地元で長く開業していると,自然と多摩市や稲城市での人脈が形成されていきます。したがって,地元の弁護士に依頼することは,事案解決に有利となります。

4 プライバシーは厳守
 これに対し,地元の弁護士に依頼することで,情報漏洩などを危惧される方もいます。しかし,弁護士には,法律上,守秘義務があるので,情報漏洩のリスクはほとんどないと断言できます。多摩市は人口約15万人,稲城市は人口約9万人。弁護士に相談したことが噂になるほど,小さい社会ではありませんので,地元の弁護士にお気軽に相談されたら良いと思います。