破産するべきかどうか

一概には言えませんが,金融機関と交渉して債務整理(任意整理)をする場合,負債総額を60で割った金額が,だいたい毎月の返済額ということになります。だいたいで構いませんので,毎月の収入と支出の差額を出してみてください。これが毎月の返済額よりも数万円多いという場合は,破産をしないで債務整理が可能ですが,そうでなければ破産するべきという結論になります。

破産することに抵抗感をもつ相談者は多いです。債権者に申し訳ないという気持ちを持つというのは,もっともです。
が,私は,この点はあまり気に病む必要はないと思います。なぜならば,金融機関は,家族や友人のような好意ではなく,ビジネスでお金を貸しているからです。ビジネスですから,彼らは,自分たちが損をしないような契約条件にしています。お金を貸しても自分たちが損をすることがないように,自宅を担保に出させたり,利息をとったりしています。貸した相手が破産することは想定の範囲内であり,相手はビジネスでお金を貸しているのですから,こちらも破産するときは割り切っていくべきです。
逆に,返済ができないのに破産をしないこと,これは本人が思うよりも周りに迷惑をかけます。債権者の側では,そこに債権がある限り,請求書の発送や確認の電話などの手間が発生し,債権管理のコストがかさんでしまうことになります。そうかといって,返せない借金を無理に返そうとするのも迷惑です。返済のために新たな借入をされる方が多いのですが,これは,返せない借金をさらに増やすことになり,迷惑をかける債権者を増やすだけです。
借金が多くて悩まれている方,誰にも相談できないというのは,分からないではないですが,そこは勇気をもって,弁護士などに相談してみてください。債務整理の相談は無料としている法律事務所は多いです。債権者に申し訳ないというお気持ちがあるのであれば,早めの相談を心がけるべきです。

~多摩オリエンタル法律事務所~
多摩センター駅徒歩3分。夜間・休日も対応いたします。債務整理のご相談は無料です。多摩市、稲城市の方からのご相談が多い事務所です。債務整理・離婚・相続・後見等の個人事件や、売掛金回収・倒産等の法人事件の実績多数あります。